fbpx

Navigate / search

Témoignage d’Irina Glazkova

Head Covering Testimonies
Name: Irina GlazkovaAge: 25Location: St. John's, NL, CanadaStarted Covering: October 2010

Covering Testimony: Irina Glazkova

1) Présente-toi à nos lecteurs.

Coucou, je m’appelle Irina Glazkova et je suis chrétienne, non mariée, et originaire de Russie. Je vis au Canada depuis 2007. Avant cela j’ai vécu aux USA pendant 11 mois comme étudiante à l’étranger. J’ai accepté le Seigneur Jésus-Christ comme Sauveur à l’âge de 12 ans après avoir exploré beaucoup de philosophies. Pendant mon enfance et mon adolescence on s’est beaucoup moqué de moi à cause de mes difformités physiques. J’ai dû subir 7 opérations chirurgicales. Lorsque je suis née, les médecins ont tenté de convaincre ma mère de m’abandonner aux services hospitaliers, car j’étais très malade et déformée. C’est malheureusement une pratique courante en Russie et dans la plupart des pays post-soviétiques. Ma mère a refusé et elle a sacrifié tellement de choses pour mon bien-être. Mon plus grand rêve c’est que ma famille reçoive le Salut qui vent de Jésus-Christ.

Les moqueries que j’endurais m’ont conduite à chercher la vérité. Je ne pouvais pas supporter l’idée qu’il n’y ai pas de justice de faite. J’accompagnais ma mère à l’église orthodoxe, cependant j’étais en conflit avec le fait de devoir prier les saints, m’agenouiller devant des icônes et plein d’autres choses. Pendant mon année d’échange aux États-Unis, j’ai été hébergée dans la famille d’un pasteur baptiste. C’est là que ma foi a commencé à grandir. J’avais alors 17 ans. C’est aussi lors de ce séjour aux États-Unis, que j’ai eu envie de poursuivre mes études au Canada. C’est d’abord venu par une jeune femme de mon église actuelle au Canada (Faith Bible Chapel) qui s’est rendue aux États-Unis, pendant que j’y étais, pour la remise de diplôme de son fils. Puis l’université de Newfoundland m’a accordé une bourse d’entrée. Le Seigneur m’a conduite ici a Newfoundland. J’aime les randonnées, les activités en plein air, le bricolage, la lecture, l’écriture, le chant, et regarder les nuages.
Read more

被り物:痛みと特権

Head Coverings: The Pain and the Privilege

〔ゲスト投稿:この記事はカールトン・マックレオド師によって書かれたものです。Head Covering Movementにゲスト投稿を考えておられる方は、contact usにご連絡ください。〕

Carlton Mcleod

カールトン・マクレオド師はサウスカロライナ州コロンビア生まれで、メリーランド州のアッパー・マルボーロで育ちました。1987年、マクレオド師は米国海軍に入隊、03レベルまで昇格しましたが、主はその後、彼を教会におけるフルタイムの働きに導かれました。1997年、マクレオド師と妻のドンナさんはカルバリー・リバイバル教会(Calvary Revival Church Chesapeake)を開拓しました。

マクレオド博士は、聖書的な世界観を追及し、それを教えています。牧会の初期、師はあらゆる世的な方法論を駆使して、暗闇に住む若者たちを更生させようと努力しましたが、実は生らず、主は「聖書に徹底的に立ち返るよう」彼を促しました。こうして御霊に導かれた聖書的(家族単位の)弟子育成の必要性に気づかされたマクレオド師は、D6 Reformationという働きを始めるよう導かれたのです。マクレオド師は、ハンプトン大学で学士を取得後、アンダーソンビル神学大学にて修士および博士号を取得しました。師とドンナさんは1992年に結婚。お二人の間には一男二女(ジョナサン、ドリー、アルヤナ)がいます。

2013年1月、私は第一コリント人への手紙を講解説教するよう、主の導きを受けました。この書簡の内容を思うと、私は血気立つ一方、不安にもなりました。なぜでしょう。というのも、この書簡の中には、私たちが従うようにと主に求められている内容が多々包含されているからです。  Read more

Covering the Web: Aug 25/15

Covering The Web

Shining a spotlight on the head covering discussion happening worldwide.

    • A Picture of Christ and His Church Pt 2 (CRC Chesapeake)
      “Chapter 11 presents two clear pictures of Christ and His Church. One is the physical distinctions between men and women in worship, so important that even the angels are affected…the uncovered man a picture of Christ, the veiled woman, a picture of the submitted church.”
    • Alexandra || How we wear them! (Garlands of Grace)
      “We were so blessed to receive these pictures from our customer, Alexandria!! She wore her [scarf] for her wedding day!…She also sent a picture of herself wearing her [headcovering] while sharing the gospel…So much loveliness in these pictures!! ?”
    • Head Covering A Symbol To The Unseen Realm (The Christian Journey)
      “The Church is to gather and worship God in the spirit (John 4:24) doing things that the world considers foolish but for the Lord there is great significance.”
    • Headcovering (Lost and Found by Grace)
      “In conclusion, I believe that the head covering is not simply a tradition of the past, but it is meant to be used today…Find a style that works for you, and make sure you know why you’re wearing one.”
    • The Case for Covering (Without Caring Twopence)
      “I went on to wrestle with this passage every couple of years, or so. Each time that I did, I leaned more heavily toward a direct application; but, I would always brush the study aside before resolving it….Finally, after about eight years, I pressed to settle the question. An informal booklet—a non-technical commentary on 1 Corinthians 11:2-16—is a result.”
Found an interesting link about head covering or biblical manhood/womanhood? Tell us about it here.

牧師の証し:ロビン・バッサム師

Pastoral Testimonies

Pastor Robin Bassam

1) こんにちは。ご自身のこと、それから牧会しておられる教会のことについて、少しお話くださいますか。

ロビン・バッサムと申します。英国のロンドン生まれです。1970年、25歳の時ですが、私は福音自由教会でイエス・キリストを信じ救われました。1974年、私はノルウェーの地で主に仕えるよう、主からの召命を受けました。

1983年にノルウェーに来て以来、私は長年にわたり、ノルウェー北部の地で主に仕えてきました。七年前に、私たちは開拓を始め、Trondheim International Churchが誕生しました。この教会は英語による、無教派の教会です。

12名の同志と共に開拓を始めましたが、現在は35名から40名ほどの信者が集まるようになっています。メンバーの国籍もイギリス、ノルウェー、カナダ、ルーマニア、ウクライナ、ベトナム、シンガポール、ガーナ、フィリピンと多岐にわたっています。

2) どのような経緯で「祈りのベールは今日にも適用されるべき不変のシンボルである」ということを確信されるに至ったのですか。

救われた当時通っていた福音自由教会は、神学的にはカルヴァン主義の改革派教会でした。そこの牧師は被り物が今日にも尊守されるべき掟であることを信じており、教会に集う女性たちの約半数が被り物(主として帽子)を被っていました。最初牧会した4、5の教会においては、比較的多くの女性がベールを着けていました。しかしその後私が牧会した教会では一つとして被り物の実践はなされていませんでした。

エリム聖書大学(英国におけるペンテコステ系の聖書学校)で私は一度、1コリント11章の祈りのベールの今日性を問うディベートに参加したのですが、気が付くと私は被り物を擁護する側に立っていました。しかしその時には、被り物のこと自体を擁護していたのではなく、ただ「被り物をしたい女性がいるとしたら、その人にはそれを選択する権利がある」という点を擁護していたのです。

その後、数多くの女性たちが私の所にやってきて、「先生、私たちが被り物をする権利があるということを言ってくださり、私たちのことを擁護してくださってありがとうございました」と感謝の意を表されました。

その後次第に私は、1コリント11章は、祈りのベールについて非常に明確に教えていることが分かってきました。新しくイエスを信じたばかりの人が(教派的先入観なしに)この聖書箇所を読むなら、誰でも皆、これは時代を超えた不変の神の掟であり、公的礼拝の時、女性は頭を覆う必要があるということを理解するでしょう。
Read more

祈りのベールの証し:エリン・バーネット

Head Covering Testimonies

名前:エリン・バーネット

年齢:16歳

国:北アイルランド ベルファースト市

祈りのベールを始めた時期:2014年6月

Erin Burnett

1) 読者のみなさんに自己紹介してください。

私は北アイルランドの高校一年生です。私は愛情深いクリスチャン家庭で育ちましたが、残念なことに、ジェンダーの役割に関する私の考え方は、うちの家族が通っていたリベラル派教会の教えの影響によって歪んだものになってしまっていました。(女性の牧師就任や中絶合法化支持など)

私は聖書など全然読んでいませんでしたが、それにもかかわらず、とても独善的な振る舞いをしていました。しかし神は私の人生の中で働き始められ、私はある時、突如として自分で聖書を読みたくなったのです。その時期、私は主イエス・キリストによる救いを経験しました。

その後しだいに、私は自分の属している教会の中にこれ以上とどまり続けることはできないと感じるようになっていきました。というのも、この教会では聖書に正当な権威が与えられていないように思えたからです。こうして16歳になった時、両親は私がこの教会を去ることを許してくれました。―両親は私の信仰の持ち方には同意してくれていませんが、それによって私たちの親子関係にひびが入ることのないよう配慮してくださっています。

現在、私は受験勉強で忙しくしていますが、空き時間にはクリスチャン・フィクションを読んだり、書いたりしています。また私はカルヴァンやその他の改革派神学に関心を持っており、卒業後は神学の勉強をしたいなあと思っています。でも私の最大の望みは妻になり、母親になることです。
Read more

Send this to a friend