fbpx

Navigate / search

祈りのベールの証し:カロリーヌ・M

Head Covering Testimonies

名前:カロリーヌ・M
年齢:26歳
国:フランス
祈りのベールを始めた時期:2014年12月

Covering Testimony: Caroline M.

1)読者のみなさんに自己紹介してください。

こんにちは。カロリーヌと申します。私はLa Femme Modeste(「慎み深い女性」)というクリスチャン向けフランス語ブログの執筆者です。私は自分のことを「サーカスの娘」と呼ぶことが多いのですが、なぜかというと、それが私が幼い時からやってきた生業だからです。

少し前まではサーカスの教師としても教えていて、いろいろと巡業していました。一年間、フィンランドで教えていた時期もあります。現在、私は故郷に戻り、喜んで家族に仕えること、そして神さまに仕えることを学んでいます。ブログには慎み深さや祈りのベールのことなどを書いています。

2) どこの教会に通っていますか。他の姉妹たちも祈りのベールを実践していますか。

私は地元のバプテスト教会に通っているのですが、宣教に力を入れている教会です。私が祈りのベールのことについて考え、取り組み始めたちょうどその頃、ベールを実践しているある若い姉妹がうちの教会にやって来たのです。彼女の存在によって私は大いに鼓舞されました!

ですから、現在、この教会には二人のベールの姉妹がいるわけです。もう一人、いつも帽子をかぶっていらっしゃる女性がおられますが、彼女がファッションとしてそれをやっているのか、それとも聖書的な理由でそれをやっているのか、そこはよく分かりません。
Read more

なぜかぶり物?理由その4 【教会の慣習】

Biblical Case for Head Coverings

「パウロはこの(かぶり物の)慣習を全ての教会に教え、それに従うよう求めていました。この最後の箇所で、彼は普遍的なクリスチャンの慣習に訴えることで、その他全ての議論を封じています。」
メアリー・A・カスィアン(南バプテスト神学大学 女性学) 1) メアリー・カスィアン – Women, Creation and the Fall (Crossway Books, 1990) – p 100.

「言い伝え(traditions)」という言葉をきくと私たちは、それは――聖書には存在しない人間による作り物のことだと考えることが多くはないでしょうか。

言い伝えというのは有益である場合もある(もしくは少なくとも有害ではない)かもしれません。しかし何といっても神がそれを掟として命じておられないのですから、私たちもそれを命じてはなりません。

ですから、かぶり物についての理解においては、次のことを問う必要があります。「これは言い伝えでしょうか、それとも掟でしょうか」と。それでは最初の聖句をみてみることにしましょう。

さて、あなたがたは、何かにつけて私を覚え、また、私があなたがたに伝えたものを、伝えられたとおりに堅く守っているので、私はあなたがたをほめたいと思います。Ⅰコリント11:2

この「あなたがたに伝えられたもの(“traditions”=言い伝え)」の定義付けはされていませんが、かぶり物はそういった言い伝えの一つであったのでしょう。どうして私がそう考えるのかとお尋ねになりますか?

みてください。かぶり物に関するこの教え(1コリ11:3-16)は、対照的な二つの言明の間にサンドイッチのように挟まれています。 Read more

References

1.
 メアリー・カスィアン – Women, Creation and the Fall (Crossway Books, 1990) – p 100.

なぜかぶり物?理由その3【自然】

Biblical Case for Head Coverings

、、、長い髪は、男女間の差異という〈自然〉より表示されるものであるから、(女性に)求められているかぶり物というものも、この〈自然〉が教えているものと同じ線上にある。 -ジョン・マーレー(ウェストミンスター神学大学、1930-66) 1) ジョン・マーレーからV・コナーズ氏への書簡より引用↑ ‘Head Coverings and Decorum in Worship’ www.headcoveringmovement.com/articles/head-coverings-and-decorum-in-worship-a-letter-by-john-murray

かぶり物をすることに関してパウロの挙げた三番目の理由は、彼の主張の中でもおそらく最も分かりにくく、また誤解されているものでしょう。

それは自然が私たちに教えていることを基とした上で、――何が正しいのかという――人間の常識に訴えています。これからそれについてさらに詳説していきますが、さしあたって、まずは次の聖句を見ていくことにしましょう。

あなたがたは自分自身で判断しなさい。女が頭に何もかぶらないで神に祈るのは、ふさわしいことでしょうか。(1コリント11:13)

ランドム・ハウス辞典によれば、修辞的な疑問というのは、「効果をもたらすため、もしくは主張するためになされる」と書いてあります。「あなたがたは自分自身で判断しなさい」と言ったパウロはまさにそれをしているのです。

というのも、「なぜかぶり物を実践しなければならないのか」という事についてパウロは今しがた、長い擁護をし終わったばかりだったからです。それなのに、今擁護したものを途端にくつがえし、「(創造の秩序に基づくこの教えに)もし従いたかったら従ってもいいですよ。でも従いたくなかったら、それでもいいですよ。」とパウロはあなたに選択の自由を与えているのでしょうか。

いいえ。その反対に、彼は「これに関してはもうこれ以上議論の余地なし」と宣言しているのです。

つまり、「みなさんご存じのように、これのみが正しい選択肢なのです」とここでパウロは言っているのです。それゆえ、教会で女性がかぶり物を着けずに祈ることがふさわしい行為などとは誰も言わないだろうと。

ここまでお読みになって、狐につままれたような顔をしていらっしゃる方がいるかもしれません。でも今しばらく私の説明に耳を傾けてみてください。

信者に対し「あなたがたは自分自身で判断しなさい」という言葉が発せられたのはこれが初めてではありません。この聖句をさらに明確に検証するため、今ここで、同じ表現が使われているその他の聖句のいくつかをみてみることにしましょう。

Read more

References

1.
 ジョン・マーレーからV・コナーズ氏への書簡より引用↑ ‘Head Coverings and Decorum in Worship’ www.headcoveringmovement.com/articles/head-coverings-and-decorum-in-worship-a-letter-by-john-murray

なぜかぶり物?理由その2 【御使いたちのため】

Biblical Case for Head Coverings

『御使いたちのために』かぶり物を着けなさい、という女性に対するパウロの勧告は、この教えが普遍的かつ時間を超越した恒久的なものであることを、全く疑いのないものにしている。 1) K・P・ヨハンナン– Head Coverings (2011, Believers Church Publications) p24

クリスチャンが「難解だ」と感じる聖句の中でもとりわけ、Ⅰコリント11:10はその最たるものかもしれせん。

「ですから、女は頭に権威のしるしをかぶるべきです。それも御使いたちのためにです。」(Ⅰコリ11:10)

使徒パウロはただ、御使いのたちのために、かぶり物を着けるべきだとだけ言っています。ですから、この聖句が全的に意味しているところが何であれ、私たちがここで持しているものは、パウロの挙げている理由です。この点は強調してもしすぎることはありません。

この聖句の意味するところを理解しようと努め、もしそれで、私たちが「理解できた」ならそれが理由になる―――いいえ、そうではありません。むしろ、それが理由だからこそ、私たちはそれを理解しようと努めるわけです。

私たちにとって理解の難しい点は、パウロがその意味するところを説明することなく駆け足でこれを言っていることです。これについて考えられる理由としては、「コリントの教会はパウロが何を意味していたかをすでに理解していた。それゆえ説明は不必要であった」というものが挙げられるでしょう。

テサロニケ人への手紙の中で、パウロは、自分が彼らと一緒にいた時に、キリストの再臨についての詳細を話していたと言っています(Ⅱテサ2:5)。これも同様に、彼らがいる前で述べられた教説の一つだったのかもしれません。

この箇所は非常に短く、不明瞭な聖句ですので、絶対的な確実性をもって、この聖句が意味している内容を知ることはできないでしょう。しかし、――この箇所に光を当てることのできる――御使いについての聖句は多いと思います。こういった聖句を検証していくと、私たちは最終的に、真でありうる二通りの結論に行き着くでしょう。

両者は互いに矛盾していませんので、両結論とも正しいと言い得ますが、パウロが意味していたのは、その内の一つであった可能性もあるでしょう。 Read more

References

1.
 K・P・ヨハンナン– Head Coverings (2011, Believers Church Publications) p24

Covering the Web: June 19/15

Covering The Web

Shining a spotlight on the head covering discussion happening worldwide.

    • How I started to cover my head during worship  (Christian, Crunchy, and Cooking)
      “…I happened to search for sermons by a pastor named Milton Vincent to listen to while I cleaned the kitchen. I saw that Vincent has a series of sermons on the head covering passage and my curiosity was piqued.”
    • Some 60’s (Fresh Modesty)
      “Hey y’all! I hope you are having a lovely day! Here’s what I wore to church this past Lord’s Day.”
    • A Widespread, False Assertion about Corinthian Prostitutes and Paul’s Teaching about Head Coverings (A People For His Name)
      “Have you ever heard that Paul taught the Corinthians that it was shameful for women to cut their hair short or shave their heads because that was what the prostitutes in Corinth did?”
    • What is the historic view concerning head coverings for Christian women? (The Cross Is All We Need)
      “I’m posting quotes from Christian preachers, teachers, and writers through the ages…Some of the quotes are more modern, proving that this teaching, though it has taken a backseat in the church is, in no way, dead.”
    • Abercrombie’s Headscarf Policy Struck Down By Supreme Court (Newsy)
      This judgement sets precedent for Christian women (in America) who cover their heads in the workplace. “The Supreme Court has ruled Abercrombie and Fitch discriminated against a woman when the company chose not to hire her because of something she wore…Since these lawsuits, Abercrombie has had to strike its policy banning employees from wearing headscarfs for religious reasons”
Found an interesting link about head covering or biblical manhood/womanhood? Tell us about it here.

Send this to a friend