Navigate / search

なぜかぶり物?――理由その1【創造の秩序】

You can also read this article in English here.

Biblical Case for Head Coverings

「、、、ここで最も驚くべきことは、パウロが、コリントのことではなく、創造のことに論拠を求めていることだ。何であれ、地域的習慣を超えるものは創造に根付き秩序づけられているものである。だからこそ、私はここの聖句をあいまいに扱うことを大変恐れているのだ。」R・C・スプロール 1) R・C・スプロールの説教(‘To Cover or Not To Cover’ available at www.ligonier.org/learn/series/hard_sayings_of_the_apostles/to-cover-or-not-to-cover/)から引用

使徒パウロはⅠコリント11章の中で、(女性たちが)実際のかぶり物を着けるべき四つの理由を挙げています。その中でも最初に挙げる理由が土台です。――つまり、かぶり物が指し示している深遠なリアリティーのことです。

例えば、バプテスマは、古い人に死、キリストにある新しいいのちに生きることを象徴しています(ローマ6:4)。同様に、女性が頭にかぶり物を着けて祈り、男性がかぶり物を取って祈ることにおいても、そこには何か偉大なことが象徴されているのです。さあ、この土台についてみていくことにしましょう。 Read more

References

1.
 R・C・スプロールの説教(‘To Cover or Not To Cover’ available at www.ligonier.org/learn/series/hard_sayings_of_the_apostles/to-cover-or-not-to-cover/)から引用

「ないがしろにされている」教えへの道案内(Ⅰコリント11章)

You can also read this article in English here.

An Introduction to a Neglected Doctrine

祈りのベール(かぶり物)というのは、受けのいい教えではありません。実際、この教えはかなりないがしろにされています。では、私はどうして、この教えに基づいた運動を始めたのでしょうか。私は論争好きなのでしょうか。いいえ、まったくそんなことはありません。分派を起こそうともくろんでいるのでしょうか。いいえ、それもまったく違います。それでは、なぜ私はこんな事を始めることにしたのでしょうか。

 

端的に答えを言います。それはこの教えが聖書に書いてあるからです。もしも「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。(Ⅱテモテ3:16)というのがまことに然りならば、聖書はすべて、公平な取り扱いを受けるに値します。

 

それだけでなく、この主題は、聖書の中で言及されているだけでなく、「擁護」されてもいるのです。これは一、二の不明瞭な聖句ではなく、十五節にも渡る連続した聖句なのです。

 

ここの聖句でパウロが意味していたことについて議論することもできますし、この聖句が21世紀にいかに適用されるかということについて議論することもできましょう。しかし、ただ一つ「この主題を無視し去る」――これだけはできないことです。 Read more

Send this to friend