Navigate / search

女性の結婚指輪は、祈りのベールの代わりになり得る??

Can Wedding Rings Replace Head Covering?

被り物に関し「文化的解釈」を採っておられる方々からしばし出される意見とは次のようなものです。

「ベールというのは、現在の西洋文化においては何ら意味を持っていません。ですから私たち信仰者は、このシンボルを、より今日性を持つなにかに置き換えることによって、原則を保持できるのではないかと思います。」そして、その置き換え物として最も頻繁に提案されるのが、女性の結婚指輪です。

その一例を挙げましょう。ロイ・B・ザック博士は、著書 『Basic Bible Interpretation(基本的な聖書解釈)』の中で、次のような提案をしています。

「今日の女性たちは、教会で頭にショールを被る必要があるのでしょうか?いいえ、その必要はありません。なぜなら、当時のギリシャ・ローマ世界における女性のショール文化の重要性は、現代の私たちの文化にあってはもはやその効力をもっていないからです。つまり、ベールをかぶるという行為は、かつてのようにシンボリズムの意味をもはや付帯していないわけです。

しかし現代文化の文脈の中でそれに従い、それを表現するような原則は存在するのでしょうか。妻の夫に対する従属(劣等ではありません!)の原則は今もってその効力を失っていません。なぜなら、この真理は聖書の中の他の箇所でも言及されてあるからです。

ある人々が提案している、可能性として考えられる現代文化的パラレルは何かというと、それは妻の結婚指輪(そして苗字を夫の姓に変えること)です。これは、彼女が結婚しており、それゆえ、夫の権威の下にあることを示すものです。」1)  Zuck, Roy B.. (1991)., Basic Bible Interpretation: A Practical Guide to Discovering Biblical Truth (p. 97). Colorado Springs, CO: David C. Cook.

私はこういったシンボルの置き換えを受容しませんが、そこには根本的な理由があります。それは一言でいいますと、私たち人間には、神が聖書でお命じになっている内容を変更する権威は与えられていないからです。

主の民として、私たちの責務は、主が命じておられることを受け入れ、それを実践することであって、それをモダナイズしたり、アップデートしたりすることではありません。この事についてはこの記事にすでに詳説し、こういった聖書解釈がいかにその他の聖書のシンボル(バプテスマや聖餐)をないがしろにする結果をもたらしているのかを示しました。本記事において、私は、「結婚指輪」のことに焦点を絞り、なぜそれが被り物の代替品として適当でないのかということをみなさんとご一緒に考えていけたらと思います。以下、その5つの理由を挙げます。

Read more

References

1.
  Zuck, Roy B.. (1991)., Basic Bible Interpretation: A Practical Guide to Discovering Biblical Truth (p. 97). Colorado Springs, CO: David C. Cook.

なぜ被り物は、ユダヤ人の慣習ではなかったのか。

Why Head Covering Was Not a Jewish Custom

1コリント11章で、使徒パウロは、女性たちが祈りや預言をする際に、被り物(祈りのベール)をかぶるよう命じています。しかしこう言ったときに、まず来る反論というのが、「いいえ、パウロはあくまでその当時の特定文化において、被り物の掟を出したに過ぎないんですよ」というものです。

しかしながらそうおっしゃる方に対し、私はまず次の問いかけをしたいと思います。「あなたのおっしゃる『当時の文化』の『文化』とは、いったいどの文化のことですか?」コリントは、多文化都市でした。ですから、ここでパウロがコリントの信者たちに対し、適応しなさいと言っているのはどの文化のことだったのでしょうか。このシリーズ記事で私たちは、それに関連する三つの文化、――すなわち、1)ギリシャ文化、2)ローマ文化、3)ユダヤ文化、この三つをみていきたいと思います。そして今日のこの記事では、

「パウロが女性たちに被り物をするよう命じたのは、信者たちが「ユダヤ文化に対し無礼にならないように」との理由ゆえだったのでしょうか。」という質問にお答えする形で論を進めていきたいと思います。

エルサレム会議

紀元48-49年頃、使徒や長老たちは、主の元に導かれた異邦人信者たちに何が求められているのかついて議論するために、共にエルサレムに集まりました。その際、パリサイ派の者で信者になった人々の何人かが立ち上がり、「異邦人にも割礼を受けさせ、また、モーセの律法を守ることを命じるべきである」(使15:5)と主張しました。実に、こういう主張が持ち上がったからこそ、この会議が招集されたのです。こうして話し合いの結果、彼らは結論を出すにいたりました。そしてそれを文書の形にしたため、彼らは次のように諸教会に書き送ったのでした。

「聖霊と私たちは、次のぜひ必要な事のほかは、あなたがたにその上、どんな重荷も負わせないことを決めました。すなわち、偶像に供えた物と、血と、絞め殺した物と、不品行とを避けることです。これらのことを注意深く避けていれば、それで結構です。以上。」(使徒15:28-29)

このようにして、ユダヤ的慣習につまずきを与えないために、異邦人たちは四つのことを避けるよう指導を受けたのです。つまり、「次のぜひ必要な事のほかは、、どんな重荷も負わせない」よう、それ以外のことはなんら要求されないということが決定されたわけです。ですから、彼らは割礼を受ける必要がなく、各種祭りや祝祭を守る必要がなく、特別な洗いの儀式をする必要がなく、そして頭に「被り物をかぶる・かぶらない」といった掟の必要もないとされたのです。

異邦人信者たちには他のどんな慣習も要求されませんでした。そしてこの点は重要です。なぜなら、コリントの教会は主として異邦人信者から成っていたからです(1コリ12:2)。ですから、もしも「ユダヤ人につまずきを与えないために」という理由で、パウロが異邦人コリント人たちに被り物の実践を命じていたのだとしたら、それはエルサレム会議で決定された指示と矛盾してしまうことになります。

Read more

祈りのベールの証し:ヴィアン・エリザベス

Head Covering Testimonies

名前:ヴィアン・エリザベス

年齢:23歳

所在地:ノルウェー

ベールを始めた時期:2014年夏



Vian Elisabeth

1)読者のみなさんに自己紹介してください。

こんにちは。私はノルウェー人で、長女です。私はクリスチャン・スクールで教師兼アシスタントとして働いています。また聖書翻訳の勉強もしています。私は2013年の暮れにイエス様を信じました。

そしてそれ以来、人生の中での私の望み、そして目標はただ一つとなりました。――それは、主のため、そして主の働きのため、聖別された人生を生きることです。私は宣教師の伝記を読むのが大好きです。また、ピアノを弾くこと、歌うこと、刺繍・編み物、お料理なども大好きです!

2)どこの教会に通っていらっしゃいますか。そこの教会で、祈りのベールを実践している姉妹の方々は他にもおられますか?

私は保守的なルーテル教会に通っています。多くの誠実な信仰者の集うすばらしい教会です。また、数人の女性たちが被り物を実践しておられます。

3)どのような経緯で、祈りのベールを実践するよう導かれたのですか?

それまで私は被り物についてあまり深く考えたことはありませんでした。でも本当にイエス様を信じて、信仰者になった時、私は初めて「開かれた目をもって」聖書を通読し始めたのです。そして1コリント11章にさしかかった時、そこに書いてある御言葉がぱっと目の前に現われてきました。

こうして私は御言葉によって確信に導かれました。また、祈りのベールの慣習が、教会の歴史を通してこれまでずっと保持されてきたクリスチャンの慣習であることも勉強し、こうして私は確信に導かれたのです。 Read more

祈りのベールの証し:レイチェル・エーンスト

Head Covering Testimonies

名前:レイチェル・エーンスト
年齢:25歳
所在地:韓国ソウル市
祈りのベールを始めた時期:2015年1月28日



Rachel Ernst

1)読者のみなさんに自己紹介してください。

レイチェル・エーンストと申します。私は最近結婚したばかりの妻で、軍人の夫と共に、現在、韓国に住んでいます。もともと南カロライナ州の出身なのですが、結婚前の二年間はワシントンDCで働いており、そこで現在の夫であるリチャードに出会いました。

大学では歴史と音楽を専攻し、現在は、通信で、改革派神学校の聖書学修士課程を履修しているところです。またパートでも編集の仕事をしています。

私はクリスチャンホームで育ちましたが、自分の信仰が成長し始めたのは、高校・大学時代です。大学の時には一年間休学して、南アジアで6カ月、ホームレスの女の子たちのために奉仕活動をしました。そしてこの体験が私の人生コースを大きく変えたのです。

私はムスリムの女性たちに対して特別な思いを持っています。そして彼女たちがキリストの愛によって解放され、強められることを祈っています。

Read more

祈りのベールの証し:エリザベス・ワイザー

Head Covering Testimonies

名前:エリザベス・ワイザー

年齢:26歳

所在地:イスラエル、ベエールシェバ市

祈りのベールを始めた時期:2011年7月


Covering the Web: Elizabeth Wiser

1)読者のみなさんに、少し自己紹介してくださいますか。

私はイスラエル在住の、アメリカ人医学部生です。ユダヤ人でもない私がイスラエルで勉強しているというのは、母国でも、そしてここイスラエルでも、「ちょっと普通ではない事」と受け取られているようです。しかし私の大学は、グローバル公衆衛生に力を入れており、ベドゥインの遊牧民や、アフリカからの難民、世界中からのユダヤ人移住者たちと共に働き奉仕する機会が与えられており、私にとってはまさに理想的な状況です。というのも、私は将来的に医療ミッションに関わりたいと思っているからです。

母国で医学部を修了するのなら、この先5年から10年待った上で、はじめて――言葉も文化も不慣れな――外国の宣教地に足を踏み入れるということになると思います。でも今、私は勉強しつつ、しかもすでに「現場に」いるのです!また、私の住んでいるベエールシェバ(Beer Sheva)は、かつてアブラハムが住んだ町でもあります!ですから、聖書がユダヤの南とか、荒野とか、ネゲブと言っている時には、私は自分の部屋から外を眺めさえすればいいのです。そうすれば、それがどんなものか立ちどころに分かります。

2)どこの教会に通っていますか。

私はベエールシェバで唯一英語通訳のある教会に通っています。この教会にはまた、スペイン語とロシア語の通訳もついており、それはイエスの御名の中で、異邦人とユダヤ人が共に集まり、神様を礼拝するという美しい光景を生み出すものとなっています。

ここのコミュニティーの人たちは本当にすばらしいです。非常に多くのユダヤ人クリスチャンの方々が、イエス様に信仰を持ったゆえに、家族から絶縁されています。また洗礼式を行なうのも覚悟が要ります。というのも、うちの教会で洗礼式が行われるという情報が流れると、オーソドックス・ジュー(正統派ユダヤ教徒)の人々が教会に暴動を働きかけてくるからです。(なぜなら、一人のユダヤ人がバプテスマを受けるということは、ユダヤ人であることから離反すること(de-Jewed)を意味するからです。)このように自分が、クリスチャンという[イスラエルにおいては]少数派の一員であるという体験は、周りの文化ではなく、意識的に自分の信仰を実践し生きていくということを学ぶ上で大きな励みになっています。 Read more

Send this to friend